今月一番読まれた記事はこちら▶︎▶︎

新卒入社して3ヶ月、18歳で軽い鬱になって退職した話。

新卒入社で中小企業で働くEさん(18歳*男性)

今の不安定な景気の中、なんとか就職できる先を探して入社したのはいいものの、労働時間も長く上司もかなりクセのある人で、「もう少しちゃんと就活すればよかった。。」と後悔しています。

 

 

「若いのにすぐに辞めないほうがいい?」

「仕事がつまらない。。。」

「自分のするべきことが他にあるんじゃないか?」

 

このようなお悩みを抱えている方への記事になります。 今回は、私の体験談も踏まえて書いていきますので、参考になれば幸いです٩( ‘ω’ )و

 

 

 

新卒入社して3ヶ月、18歳で軽い鬱になって退職した話。

 

 

こんにちは。キャリコンのしゅーさんです。

退職を10回繰り返したキャリコン。フリーランス4年目。

借金や病気もしてどん底を味わった33歳。色々あったけどそれでもスーパー幸せに生きています。

 

 

なぜ短期間で辞めたの?

 

高校生活が楽しすぎた。

今回は、私の体験談を中心に、同じような悩みや状況で苦しんでいる方の役に立てばと思って書いております٩( ‘ω’ )و

 

まず、一つ目の理由に「高校生活が楽しすぎた」ということですが

単純に

社会人になる準備ができてなかった。。ということですね。

まず、学生と社会人では犠牲にする時間がそもそも違いますもんね。

 

当時は、私は工業高校に通っていて、卒業さえできれば就職率は90パーセント以上の学校でしたので

授業なんて適当に受けていて、部活も本気でやっているような高校ではなかったので(顧問もいなかった)

いきたい時に部活に行き、サボりたい時はサボり(テニス部)

 

バイトが入っていればバイトに行き。

学校帰りに友達の家に寄ってお菓子を食べながら、(タバコも。。)なんてことをしていた

ヤンチャな時期でした。。

 

周りが男ばかりだったので

恋愛をすることもなく、友達と毎日楽しいことを追求するような学生生活でした。

 

文化祭では、学校から抜け出して友達宅でゲームをし、、それがバレて怒られ。

最上階からスリッパをフリスビーの如く投げては、、、それがバレて怒られ。

中庭でPK合戦してガラスを割って、、、それがバレて怒られ。。。

 

色々楽しいことをしては怒られる毎日で、友との絆は深まる一方でした。

 

そんなこんなで卒業を迎え就職するわけですが、

まともに社会に出ることと向き合わなかった結果。

 

初めて会社に入って思ったことは

「マジか、会社ってこんなに働くの?!嘘でしょ?夜20時まで残業???冗談だろ?」

8時間労働+残業にビビりました。

 

今では常識的な範囲であり、多くの人がそうやって働いていることを知っているのでなんとも思いませんが

当時の若かりし頃の自分はびっくり仰天でした。

 

[su_box title=”★ポイント” box_color=”#fffb73″ title_color=”#000000″]✔️高校楽しすぎて社会人になる準備できてない[/su_box]

 

働く時間長すぎ。

まぁ、そんな風に思っても毎日はやってきて

会社に就職するわけですが、、

 

その当時新卒で入った会社はまぁまぁ大きくて、何千人も社員がいるような自動車関係の会社です。

今思うと、めっちゃいいとこ入ってるやん。。と思いますが

当時は辞めたくて仕方ありませんでした。

 

なぜかって?

 

そりゃあ、、、働く時間が長すぎる!!!!

のです。

 

これは別に違法に働かされているわけじゃないですよ。

普通に8時間労働であり、残業があっても1〜2時間。

 

で、みんな何食わぬ顔で淡々と仕事して、残業も嬉しそうにしていくわけですが

 

私の心境としては

「ええっ?ちょっと。みんな労働時間長すぎだと思わないの??えっ?8時間だよ?ちょっと。」

 

という謎のパニクリ状態になってました。

別にみんな普通のことなんで、普通に働きますよね。

 

というのも、製造業のライン作業って、右から左へ部品を流してロボットに装着して部品作っていくんですが

この1個生産するのが何秒という世界で、1時間で何十個作れたか?不良は何個か?

みたいなのが基準なのですが

 

こうやって時間ばかり気にしていると

1時間経つまでがまぁーーーーー長い。

体幹で言うと、もう3時間くらい経ってるはず。。。。と思って時計を見るとまだ15分しか経ってない。。。

みたいな。。。

 

これって絶望ですよね。

絶望以外の何者でもないですよね。

 

時計の裏見て電池入ってるか確認しますよね。

ほんとに。

 

と言う具合で、世間一般の方と私の職場の時空の歪みによって

時間が長く感じてしまうことから

 

「労働時間が長い」と言う錯覚に襲われていたことも理由の1つです。

 

[su_box title=”★ポイント” box_color=”#fffb73″ title_color=”#000000″]✔️精神と時の部屋に入ってしまった感[/su_box]

 

 

夜勤とかムリ。帰らして。

 

で、そんな時間が経つのが遅ーい空間にいるのですが、

工場ですから、日勤だけだと思いますか?

ねぇ。。。昼間の仕事だけだと思いますか? ねぇ。

 

そうです。

 

 

夜勤もあるんですよ。

そりゃありますよね。

うん。

 

ホントね。

 

この時空が歪んでいる工場の中での夜勤なんてね。。

 

「財布を落として落ち込んで家に帰ったら強盗に入られてる」

くらいの追い討ち感半端ないですよ。マジで。

 

夜勤とかやったことないし、会社の命令だからやります。

最初は別にできると思うじゃないですか。若いし体力もあるし、頑張りますよ。

 

でも、途中から眠くなってきて、油まみれで、、、

「こんな夜中に起きてまで俺は仕事したかったのだろうか。」と疑問がふつふつと湧いてくるのです。

 

まだ結婚もしてませんし、子供もいませんから守るべきものがない。

自分のためだけに働いているような時期ですから

 

「働くってなんなんだろ。。」

 

そんなことばかり毎日考えるようになりました。

 

[su_box title=”★ポイント” box_color=”#fffb73″ title_color=”#000000″]✔️いきなり働いている意味がわからなくなる。[/su_box]

 

鬱になったの?

 

そのあとはどうなったの?

トイレで仮眠事件。

 

で、夜勤でだんだんメンタル削られてきていますから

責任者が見回りしていない時間帯を見計らってトイレに行きます。

 

別に作業自体は遅れてなかったので、トイレ休憩ぐらいいいですよね。もよおすわけですから。

 

大きい方の個室に入って、と。

ヨイショ。

ふー。。。ちょっと休憩。

 

 

 

。。。。。

 

 

 

(( _ _ ))..zzzZZ(寝タァーーーーーーーーーー!!!!!)

 

 

はい。寝ます。

これが日課になりました。

 

 

決して生き生きとしているわけではないです。

もう、明日にでも辞めたい。。。と思い悩みながらサボっているので、メンタル相当やばいです。

 

 

別にバレて怒られると言うことはなかったので事件というほどでもないですが

個人的には

「新人がサボるなんて良くない」と思っていたので罪悪感がすごかった。。

 

でも、もうそんなことどうでも良くなるくらいでした。

いっそのことバレて「お前なんてクビだ!!」と言ってもらえるほうが嬉しい。。くらいに思っていました。

相当病んでましたよね。。うん。

 

上司ブチギレ事件。

 

これ、最初に言っておきますと

私がブチギレられたわけじゃないんです。。

 

ある日勤の出来事。

 

お昼の休憩で食堂にご飯食べに行って、食べ終わって作業場に戻るためにテクテク歩いていましたら

ちょうどその横に違う部署の倉庫の建物がありまして、、

 

その中から声が聞こえてきたのです。

 

「おい!!!お前が◎△$♪×¥○&%#?!!!!!!!!」

「ふざけんなよ!!!!」

「オラァァああああ!!!!!!!」

 

何やら、上司が部下に向かって罵っています。

 

 

ん?怖いぞ。

 

これは怖いぞ。

 

高校生活で喧嘩もしてこなけりゃ、誰かに大声で怒鳴られることなど経験してこなかった私にとって

 

これは

サバンナでライオンがシマウマを食べようとしているその光景を、たまたま通りかかったウサギが見ている。

そんな状態でした。

 

 

内心「ヒィイいいいい。。。」って感じです。はい。

 

たぶん、通常の元気な状態なら

「あー、、あの人怒られて可哀想だな。。自分もミスしないように気をつけよう。あいつが上司になりませんように。」

 

って思って終わるだけだと思うのですが

当時の私のその時のメンタルといえばボロボロだったわけで、、、

 

そんな状況で誰かが怒鳴られているのを見ると、まるで自分も言われているような気がして

 

「もう辞めてくれ。。。なんでこんなところに来てしまったんだ。。。」

と泣きたくなる心境になっていました。

 

「車で壁に激突」という妄想事件。。

それで。

なんとか日勤も夜勤もガンバって仕事して1日を終えるじゃないですか。

 

「はぁ。。。やっと終わったぜ。。」

もう、体感的には1ヶ月くらい会社にいたような気分です。

 

やっと帰れる。

 

そう思って幸せな気持ちで車で音楽かけてノリノリで帰る。

 

そして、家帰ってお母さんの手作りの美味しいご飯食べる。

ゲームとかする。

風呂入る。

寝る。

 

 

そうするとくるわけですよね。明日ってやつが。

きちゃうんですよね。

 

で、朝になると準備して通勤する。

 

車に乗ってエンジンかける。

アクセル踏む。

会社へ向かう。

 

 

でも、ここで思うのです。

「また1ヶ月会社にいなきゃいけないのかー」←(体感)

 

憂鬱だわぁー。。。。。

「いきなり竜巻とかきて会社ぶっ壊れないかな。。。」

「生産ラインが故障して、休みにならないかな。。」

「急な謎の発作が起きて病院に行かなきゃ。。みたいなことにならないかな。。」

 

とか、そう言ったことばっかり考えて通勤するわけです。

 

 

その中の妄想の一つにこんなものがありました。

 

 

「そうだ!!!このままハンドルを横に思いっきり切って、民家に突っ込めば、大怪我で病院に行くことになって会社に行かなくてもいいのではなかろうか!!!俺って天才!!」

 

と本気で思ってました。

 

これって、マジでやばいですよね。笑

やばい状態ですよね。。。

 

これは完全な鬱状態です。

自分では気づいてないですけど、軽度どころか、診断したらちゃんとした「うつ」で薬が処方されていたでしょう。

 

結局、そこまでする勇気がなくて

ちゃんと安全に運転して会社に行くのですが

 

結構毎日そんなこと思っていたので

ひょっとしたら何かの拍子に激突してしまっていたかもしれない。。。と思うと恐ろしいですよね。

 

打ち所が悪ければ死んでしまうわけですし、

 

これが電車通勤だったら。。。。。。。

と思うと、実際に電車に飛び込んでしまう人の気持ちもちょいとは理解できます。

 

とはいえ、辞めるなんて言ったら親や周囲の人がなんていうか。。

 

今、どうしても辞めたい。。でも辞める勇気が出ない。。。そんな方へ。

 

そんなこんなんですったもんだあり。

結局夏になるころには会社を辞めてスピード退社するわけですが

たくさん周りの人にも迷惑かけました。恥もかきました。

 

ですが、それでも個人的には「あの時辞めてよかった」と思っています。

 

いろんな経験を重ねてリーダーのポジションになったり、管理職をしてみたり。フリーランスで仕事してみたり。

 

33歳になった今でも思います。

「あの当時の自分の判断は間違ってなかった」と。

 

そりゃ、辞めてなければそれなりに出世して給料も高くなっただろうし

違う人生だったかも。。と思いますが

 

そんなことはどうでもいい!と思えるくらいになりました。

 

長い年月経ってもそう思うということは、きっとそれが自分にとっての正解。なのだろうと思います。

 

私もその当時、親や、周りの知り合いの大人たち、兄妹。

みんなに「もう少し考え直したほうが。。」と言われました。

 

でも、「会社で勤め続ける経験より、お金より、ワクワクしない人生の方がが嫌だ!!!」と決心をきめて

自分の意思で辞めました。

 

最初に入る時っていうのは

「自分がこの会社に入りたい!!」

というよりは「世間の常識だから」「周りがみんなそうだから」という理由で入ったわけですが

 

そういう自分の決心がないところで決めた決断というは、そのうちボロがでます。。

言われてやることって長続きしないんですよね。。

そういうことを身をもって経験しました。

 

だから、何事においても自分が自分の意思で考えて、決める。

こうやって生きていけば、周りになんと言われようとも、後になっても絶対後悔はしません。

 

絶対に大丈夫です。

だから、気持ちが弱って、自分を追い込んで傷つけてしまう前に、

自分の本当の気持ちに寄り添って

 

「自分にとって何がだいじか?」

 

ということに耳を傾けてあげてください٩( ‘ω’ )و

そのほうが人生楽しいと思います。

 

新卒入社して3ヶ月、18歳で軽い鬱になって退職した話。

 

はい。というわけで、ここまでいかがでしたでしょうか??

こんなどうでもいい長いストーリーを読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

疲れましたよね。

 

ちょっと休憩してコーヒーでも飲んで、ゆっくり休んでください。

 

また気が向いたら何か体験談書いていきます。

 

それでは٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA