フリーランスの始め方

フリーランスで孤独を感じたら信頼できる仲間を作ろう。

更新日:

個人で仕事を始めたばかりのTさん

「いざ会社を辞めて独立してみて数ヶ月たったんだけどフリーランスって意外と孤独なんだなーと思ってます。個人で働いている方が絶対気が楽だろうと思っていたけれど、いざ一人で始めてみると相談できる人がいないって意外と寂しいなというか。。こう言った気持ちをコントロールしていく良い方法はあるかな。。」

こんにちは。キャリアコンサルタント(カウンセラー)の永田です。

と言うことで、今日は個人で仕事をし始めたばかりで、孤独感で病みそうになっている方に向けて記事を書いております。

目次

フリーランスで孤独を感じたら仲間を作ればいい!

<根拠となる理由>

・悩みではなくても気軽に意見交換できる人はいた方がいい。 

・トラブルや悩みに発展したら心強い味方になる。 

・大した作業じゃなくても一緒に仕事することで相乗効果が期待できる 

なぜ孤独を感じたら仲間を作るの?

悩みではなくても気軽に意見交換できる人はいた方がいい。

かくいう私も大して仲間などいません笑

ただ、やはりいつも黙々と一人で作業しているとどうにもやりきれない孤独感にぶち当たるので、「仲間がいる方がいいんじゃないかなー?」という気持ちがあるのでご紹介できればと思います。

フリーランスをしていると、どうしても問題や壁にぶち当たることは少なくありません。

そんな時、ググって調べることも解決方法の一つなのですが、これの問題点としては「本当に合ってるのかな。。。」と正解かどうかわからないところです。

もちろん、おおよそ嘘の情報ではないと思いますが、それが正しい情報なのかは実際に自分が試してみないとわかりずらい部分です。

しかも、それは記事を書いたその人が解決した方法であって、自分に100%当てはまるかどうかはわかりません。。

ですので、自分自身が問題や疑問を抱えた時に電話やラインを気軽にやりとりできる存在というのはいた方がいいなと個人的には思います。

私は今のところいないですが。。。笑

これは同じ業種だとより良いですが、別の業種で個人で事業をやっている人でも構わないと思います。

専門的な部分は違うかもしれませんが、フリーランスとして抱える悩みは比較的似通っていますので、同じ気持ちで理解してくれると思います。

トラブルや悩みに発展したら心強い味方になる。

特に、気になったことや疑問などでも、共有して解決できる点でもかなり心強いですが、トラブル悩みなどが発生した時。

やはり仲間がいるというのはかなり優位に働くと思います。

きっと、家族や友人に話しても「そんなんだぁ。。なんだか大変そうだね。。」で聞いてくれるものの解決まで行かないかもしれません。

その点、フリーランス同士の仲間というのは、同じ境遇にいるという点で共感もしてくれやすいですし、そのトラブルや悩みをすでに経験した人ならば、解決法を伝授してもらうことだってできます。

ですので、このような問題が発生した際でも仲間がいることは自分にとって強い武器になり得ます。

大した作業じゃなくても一緒に仕事することで相乗効果が期待できる。

もう一つ。

フリーランスの場合。どうしても一人で作業することが多いと思います。

そんな時、なんとなく部屋で一人で作業しているけれど集中できないな。。。となったりすることってありませんか?

私はそういう時は気分転換にカフェやコワーキングスペースに出向いてあえて「誰かの目」があるところでサボれないようにしています。

一人だけの空間だと、ついついYouTube見てしまったり、SNSをずっと見てしまったり、Amazonが届いたら中身を開けてしまったり。。。

こんな感じで誘惑が止まりません。

ですが、お金を払って場所を使うことで、自分を作業する環境に押し込めます。

一緒に仲間と作業するのもこのような効果があるのではと思います。

仲が良すぎて遊んでしまうと問題ですが、そこは個人で仕事をするフリーランス同士なので、しっかりメリハリつけて仕事をすれば良い時間を過ごせるのではないでしょうか?

でも、人間関係であまり悩みたくないし、煩わしいのはちょっと。。。

そうですよね。

中々、仲間を作るって言っても、フリーランスで仕事をするような人というのは少なからず「人間関係が煩わしい。。。」という思いもどこかにあるのではないでしょうか?(特にエンジニアさん)

だから、一人で仕事する方が楽だし、自分で調べれば解決するから、特に人付き合いはしなくてもいいんじゃない?と思うかもしれません。

そこでお伝えしたいのは「無理に嫌な人間とは付き合わなくていい」ということです。

せっかく組織から外れて、フリーランスで働いているのだから嫌な人間と関わって消耗したくないですよね。

もちろん、お客さんと関わるという時などは我慢が必要だったりしますが、自分で落ち着いて作業できる時間まで嫌いな人のことで患いたくないですよね。

ですので、付き合うのはあくまでもウマが合う人限定にすることをお勧めします。

しかも、人数的に2人〜5人いれば良い方じゃないでしょうか?

作ろう!と思わずに、仕事していく自然な流れでそう言った仲間が増えていくと良いと思います。

具体的にはどうすれば?

<3つのポイント>

・同じ業種の人が参加するセミナーや勉強会で知り合う。 

・twitterでフォロワーさんとつながりをもつ。 

・ランサーズで発注依頼をかけたタイミングで仲間にする。

同じ業種の人が参加するセミナーや勉強会で知り合う。

もし、仲間を作ろうかなー。。と考えているとしたら、勉強会セミナーなど参加してみるのも良いかもです。

このような会に参加していると、思わぬところから仕事の依頼も来るかもしれませんね。

最近だとYouTubeなど見ていると1万人超えのYOUTUBERさんたちがオフ会を開いたりしているのもちょこちょこ見かけるので

そういったところに参加してみると良いと思います。

余談ですが、、私は個人で働き始めた当初、異業種交流会とか経営勉強会とかに仕事欲しくてちょくちょく顔だしていましたが

自分の経験では、ほぼほぼ役に立ちませんでした。というか、変な人の方が多いのであまりお勧めしません笑

私の好きな会計士ユーチューバーのキミアキ先生も言及されてますので、もしよければ見てみてね^ - ^

twitterでフォロワーさんとつながりをもつ。

私も最近ようやくツイッターを再開して、ぽちぽちやっておりますが

今勢いのあるSNSは(2019年12月現在)インスタグラムとツイッターではないでしょうか。

例えば、ツイッターで仲間を見つけるというのは簡単です。

自分が今している事業に関連するようなハッシュタグをつけて、1日10投稿くらいしていれば、誰かしら反応してくれますし,気になる人とフォローしていれば、その人の情報も常に仕入れることができます。

それに加えてDMを送ってみたり、コメントでコンタクトもとったりできます。。すごい時代ですねぇ。。。

ツイッターを活用していくことでも、仲間を作っていくことは容易にできそうです。

ランサーズで発注依頼をかけたタイミングで仲間にする。

ランサーズ。皆さんは使ったことがあるでしょうか?

ウェブ上で仕事の依頼や受注ができるクラウドシステムなのですが

これを活用することでも、仲間を作ることができます。

たとえば、あなたが仕事の発注をする必要が出てきた場合。例えば名刺なんかを作ろうと思って「デザインどうしようかなぁ」と思いますよね。

そんな「名刺のデザインの仕事しますよー」という人を探して、仕事のお願いを依頼することができます。

で、ここで名刺を作る過程で何度もやりとりしていると、その人の性格だったり、雰囲気が少しづつわかってきます。

その後仕事が終わったとしても、その方の仕事が気に入ったら、何度でも依頼することが可能です。

これも一つの「自分の仲間を増やすこと」につながります。

最初のうちは、悩みなんかはいきなり相談できないかもしれませんが、何度も依頼したり、仕事上の関係が出来上がってきたりすると、少しの相談なんかは聞いてくれるかもしれないです。

食事に行ったりする仲になるかもしれないですよね。

こうやって、仕事上の関係の中から仲間ができるなんてこともよくあります。

おさらい

仲間を作ろうと思ったら、積極的に関わる機会を持って行こう!

【まとめ】ある程度信頼できる仲間がいることが、フリーランスを長く続けられる秘訣である!

ということで、ここまで読んでくださってありがとうございます。感謝です。

仲間が必ずしも必要ということではないですが、何か会った時に相談できたり、話を聞いてくれる人がいるというのは心強いものです。

一人で悩んでいたら、「もう会社勤めに戻ろうかな。。」と思う事態になったとしても、誰かに支えてもらえることで乗り越えられるかもしれないんです。

もしも、一人で苦しくなったら、ぜひ考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私はいつでもお友達になれますので、ぜひ連絡してみてくださいね。適当にフォローください。

あなたと出会えるのを楽しみにしております^ - ^

-フリーランスの始め方

Copyright© Shu-san.blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.