未分類

メニエールのめまいがないのは、自律神経が整っているから!【メニエール・めまい・ない】

投稿日:

 

 

 

スーパーマーケットで働くHさん(32歳・女性)

以前メニエール症と診断されて、薬を飲みながらしばらくめまいの発作はない状態で、落ち着いて過ごせているのですが、春先はいつもめまいが多くなると聞きます。。このまま安定していくのでしょうか?

 

 

 

 

目次

メニエールのめまいがないのは、自律神経が整っているから!【メニエール・めまい・ない】

 

こんにちは。キャリアコンサルタント の永田です。

メニエール症候群であるものの、最近はめまいがないなぁ、、大丈夫かなぁ、、

なんて不安になっている方のために記事を書いていこうと思います。

※5分ほどで読めると思います(๑╹ω╹๑ )

 

 

自律神経が整うとなぜいいの?

 

血管や内臓に良い影響があるから。

 

ただの素人の知見ですので、あまり信憑性はないかもしれませんが、私自身もメニエールにかかって3年くらいになりますので

全く経験したことがない医者が言うよりは、多少みなさんの気持ちに寄り添えるのではないかなと思います。

まず、自律神経がなぜメニエールと関係があるの??と思われるかもしれませんが

どうやら自律神経というのは、その神経を伝って内臓や臓器に行き渡っているようなのです。

(私も調べてみて初めて知りました笑)←オイ

 

いつも、「自律神経が乱れている」というワードってよく聞いていたんですよね。

でも、そこから大して調べたりせず「あー、そっか、乱れとるんだなぁ」くらいにしか思っていなくて

なぜなのか??

という部分まで掘り下げていませんでした。

 

でも、調べてみると、実は因果関係があることに気づき、確かに自律神経が乱れてしまうことで、その何かスムーズに送り出されていたものが滞ることで

臓器の動きが鈍くなったり、血の巡りが悪くなって冷え性になったり、水の流れが悪くなってめまいが起きたりというのは

至って普通で自然なことなのだなと思いました。

 

意思ではどうにもできない。

 

やはり、めまいとか病気全てに言えることだと思うのですが、、

自分が「よし!大丈夫」「もう治った!」「病気になりたくない!!」とか思ったところで

多少前向きな気持ちは必要だと思うのですが、やはり気持ちだけですぐに治るほど

病気は甘くありません。

そのためにも、日頃から自律神経が整っている状態にすることはとても大事なことですね。

 

交感神経と副交感神経のバランスが取れる。

もう一つ、「交感神経」と「副交感神経」というのがあります。

この2つは皆さんよく耳にすることがあるのではないでしょうか??

ざっくりというと

起きている時は「交感神経」が優位に働き、寝ている時やリラックスしている時は「副交感神経」が優位になっていますよね。

これの何が大事なのかというと

やはり「バランスを取ること」ではないでしょうか?

ずーっと起きて仕事していたり、テレビを夜遅くまで見ている。

もしくは、ずーっと寝ていて副交感神経ばかりが活躍している状態になっている。。。要は一方だけ使っていたり、偏りがあってはダメで、それだと病気にかかりやすくなります。

なぜなのか私には説明できませんが、どう考えたってバランスが崩れれば、それを正そうと体に何かしらの不調が起きます。

これは、自然界の摂理とも言えるのではないでしょうか。

 

ですから、上手に調和を取るためにも、生活リズムをきちんと整えることが非常に大事ですし、意識すべきポイントと言えます。

 

 

めまいがなく安定した生活をするための心得

 

 

疲れたと思ったらとにかく寝る!

 

ここからは、実際に今めまいが起こっていなくて、上手に付き合えている私の体験談からお話していこうと思います。

まず、この病気になってから意識していることは「寝る」ということです。

自分の規定の睡眠時間は厳守することはもちろんですが、

根詰めて仕事をしたときや、疲れたなぁ、、という時などには必ずその時点で「少しの仮眠」をすることをお勧めします。

これはなぜなのかと言いますと、「いつでも寝れば回復できる」という状態を体に染み込ませることで、「寝れば治るんだ」と体に覚えさせることができるようになります。

ですから、少しでも疲労感を感じたのであれば、すぐに眠ることをお勧めします。

私は、医者からも「調子悪時は寝る。これしかできないんだから、それでいいんだよ。」と言われています。

医者がそういうなら、、と最初は半信半疑でしたが、頓服ももらってはいますが、やはりそれくらいしかやることがないことがわかってきますので、薬に頼らず出来るだけ自然な力で治癒させていきたいですよね。

 

 

水分をしっかり取ること!!

 

私の浅い知識で申し訳ないですが、やはりメニエールというのは三半規管が主な原因ですよね。

めまいのほとんどはこの三半規管の中にある水がうまく流れなかったり、むくんでしまったり、あるいわ耳石のかけらが漂ってしまい影響を及ぼしてしまうことが原因だとか言われますよね。

 

ということは、体の中の水分をきちんと入れ替える、つまりサラサラにしておくことが重要だと思うのです。

そのためには、きちんと体に合った水分をしっかり取ることで、体の水分をきれいに保つことができるのです。

泥団子を作る時だって、水分が砂に少し混じればぐちゃぐちゃになってしまいますよね。

でも、流れるくらい水をきちんと含めば、泥だってきれいに細かくなって流れていきます。

 

ドロドロの状態では、耳だけでなく、あらゆる箇所に病気の原因を作ってしまいかねないので、適切な量の水分をしっかり摂取することが大事であると言えます。

 

適度な運動で酸素を取り入れる!!!

これも大事ですね。

私はなかなか散歩やジョギング、最近有酸素運動と言われる部分はあまりできていないですが、この「酸素をしっかり取り入れる」というのも大事出そうです。

 

適度な運動で血中に酸素を送り込むことで、体の中の細胞の活性化にもつながりますし、何より、家でだらだらと悪い空気の中で過ごして

モヤモヤとした空気を吸っているのってなんだかしゃきっとしないじゃないですか。

 

それよりも、適度に外の新鮮な空気を吸うことで

体の中にも新鮮な酸素を取り込んで、良い影響を与えることができます。ただ、専門的なことはわかりません。

でも実際に私が体験する中で、空気を入れ替えて、外の日を浴びる。ということは体の健康にとってとても大事な要素だと思っています。

 

じゃあ、とりあえずメニエールの症状がないのはいいことなの??

 

そうですね。

結論からいうと、今メニエールのめまいが出てない状況が続いているならば、そのままその状態をぜひ維持していきましょう!

ですが、これは「完治が難しい病気」とも言われていますね。

今後、ずっと出ないということは誰にも言えないですし、治ったと仮にわかっても再発しない保証などどこにもないのです。

だからこそ、どういう考え方が大事なのかというと、

「うまく付き合っていく」ということだと思います。

ここを自分の中で受け止めて、受け入れて。

自分の一部と捉えることが出来たら、あまり発症はしないのではないかな?と思います。

 

でも、「不安で不安でしょうがない。。」と気にばかりしてしまっていると、すぐにまためまいが起きたりしますので、一番は気にしないことが大事ですね。

 

私も、もう大して気にならなくなりました。

 

【まとめ】今のまま、自律神経のバランスをしっかり保っていきましょう!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

非常に感謝しております。

 

結論、今めまいがない状態なのであれば、それはきちんと自律神経が整っている状態である。ということが言えます。

ですから、そのまま今の生活をしっかりキープして

バランスを崩さずいきましょう。

 

もし、何かストレスがかかる状況があったり、疲れを過度に感じた時は

無理をせずにしっかり休息して、適度に自分の体の声を聞いてあげてくださいね。

-未分類

Copyright© Shu-san.blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.